あなたにとってはなんでもないニュースでも、私にとっては大ニュースだったりする。エンタメ中心にブログ更新中

なんでもないひ、どっとこむ

健康

アンモニア水を浴びるとどうなる?性質と危険性は?

投稿日:

愛知県でアンモニア水を浴びた男性が重体となる事故が起こり注目を集めていますが、アンモニアの性質と危険性って知っていますか?そもそもアンモニア水を浴びるとどうなるのでしょうか?アンモニア水の性質と危険性について気になったので、調べてみました。


アンモニア水を浴びた男性が重体に

7/28午前、愛知県春日井市の王子製紙春日井工場で、タンクの点検中に配管が破裂し、アンモニア水を浴びた従業員3人のうち1人が意識不明の重体となる事故が起こりました。

工場内で従業員らがアンモニア水が入ったタンクを点検していたところ、タンクにつながる配管が突然破裂したとのこと。配管を流れていたアンモニア水が男性従業員3人にかかったということです。

アンモニア水がかかった3人は病院に運ばれましたが、そのうち全身にアンモニア水がかかった41歳の男性が現在意識不明の重体と報道されています。

アンモニアって尿のイメージが強いのですが、実は毒性が強いみたいですね。アンモニア水を浴びるとどうなるのか・・・ちょっと怖いですが、調べてみます。

アンモニア水とは

アンモニア水の原料は言わずもがな、アンモニアです。アンモニアは、常温常圧では無色の気体として存在していますね。アンモニアは悪臭防止法に基づく「特定悪臭物質」のひとつで、毒物および劇物取締法でも劇物に指定されています。

また、日本では高圧ガス保安法で毒性ガス及び可燃性ガスにも指定されており、白色のボンベを用いるように定められています。

アンモニアといえば先述したように尿のイメージが強く、トイレの臭いの元としても知られていますね。

しかしアンモニアは化学工業におけるもっとも基礎的な窒素原料のひとつ。今回の事故のあった製紙工場でも排水処理用途として利用されていたようです。

また、アンモニアは化学肥料、合成繊維、染料などの原料となり、フロンガスが発見される前は冷蔵庫やエアコンの冷媒としても大いに利用されていました。害だけでなく利益もあったんですね。

スポンサーリンク

アンモニアの性質と危険性

それではアンモニアの性質と危険性についてはどうでしょうか。

まず、今回のアンモニア水にように、液体状のものが飛散した場合は非常に危険なんだそう。特に目に入った場合には失明に至る可能性が非常に高いそうです。そして、高濃度のガスを吸入した場合には、刺激によるショックが呼吸停止を誘発することもあるんだとか。

また、今回の事故のようにアンモニア水を浴びると火傷してしまうんだそう。今回重体になっている男性も火傷が原因なのでしょうか。

それは、アンモニア水がアンモニアガスの水溶液で、やや強いアルカリ性の溶液だから。ですから、皮膚についたり眼に入ったりしないよう気をつける必要があります。アンモニア水を取り扱う時はゴム手袋をする、メガネやゴーグルをかけるなどするといった対処が必要です。

アンモニア水は強い刺激臭があり、まともに吸い込むと失神することもあります。

まとめ

というわけで、アンモニア水を浴びるとどうなるのか、性質や危険性について調べてみました。

アンモニア水は刺激が強く、触れると火傷してしまうというのには驚きましたね。アンモニアってなんだか身近なイメージがありましたが、劇物指定されているほど危険性の高い物質だったんですね。気をつけよう。

みなさんも、アンモニア水の取り扱いにはお気をつけください。そして、事故に合われた方の一日も早い回復をお祈りいたします。







-健康

Copyright© なんでもないひ、どっとこむ , 2017 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。