あなたにとってはなんでもないニュースでも、私にとっては大ニュースだったりする。エンタメ中心に更新中

なんでもないひ、どっとこむ

TV ジャニーズ ドラマ

FINAL CUTファイナルカット第2話ネタバレ&あらすじ!

更新日:

亀梨和也主演のファイナルカット第2話ネタバレ&あらすじをまとめてみました!ネタバレとあらすじ記載ありなので、見たくないかたはご注意ください!ファイナルカット第1話のあらすじ&ネタバレはまとめ部分にあります。





FINAL CUT(ファイナルカット)キャスト一覧&相関図

引用元:https://www.ktv.jp/finalcut/chart/index.html

まずはファイナルカットネタバレとあらすじの前に、キャストの情報をまとめておきます。

MP.info.net

中村慶介(亀梨和也):12年前、当時起こった女児の殺害事件で母親が犯人扱いされて自殺した過去を持つ。母親を追い詰めた関係者や真実を見つけるために動き出した。新宿中央警察署の警察官。

野田大地(髙木雄也):慶介の幼なじみ。慶介とともに復讐するために動く。

ザ・プレミアワイド(情報番組)

百々瀬塁(藤木直人):ザ・プレミアワイドの番組司会者。12年前の女児殺害事件報道の際に慶介の母親を犯人扱いした。番組作りに対する情熱がすさまじい。

井出正弥(杉本哲太):ザ・プレミアワイドのプロデューサー。12年前の女児殺害事件の報道にも関係あり。

真崎久美子(水野美紀):ザ・プレミアワイドのディレクター。12年前の女児殺害事件の報道にも関係あり。

小池悠人(林遣都):ザ・プレミアワイド若手ディレクター。12年前の女児殺害事件の報道にも関係あり。

皆川義和(やついちろう)ザ・プレミアワイドのカメラマン。12年前の女児殺害事件当時もカメラマンだった。

警察

高田清一郎(佐々木蔵之介):警視庁新宿中央署の副署長。12年前の女児殺害事件の担当刑事だった。

芳賀恒彦(鶴見辰吾):警視庁刑事部部長。

小河原家

小河原若葉(橋本環奈):女児殺害事件の鍵を握る姉妹の妹。慶介(若葉には偽名を使う)に想いを寄せる。

小河原雪子(栗山千明):女児殺害事件の鍵を握る姉妹の姉。美術館の学芸員。美術館の客として出会った慶介(雪子にも偽名を使う)に惹かれる。

小河原達夫(升毅):弁護士。雪子、若葉の父で、12年前の女児殺害事件当時、保育園のあったビルの2階で「小河原法律事務所」を経営していた。

小河原夏美(長野里美):達夫の妻で雪子、若葉の母。

小河原祥太(?):雪子、若葉の兄。海外にいる(?)

死亡

早川恭子(裕木奈江):慶介の母親。女手一つで慶介を育てる傍ら、ルミナスキッズという保育園の園長をしていた。12年前の女児殺害事件でザ・プレミアワイドに犯人扱いされ、自殺。

スポンサーリンク

FINAL CUT(ファイナルカット)第2話あらすじ

中村慶介(亀梨和也)は、12年前に起きた女児殺害事件で、百々瀬塁(藤木直人)司会のワイドショー番組『ザ・プレミアワイド』によって、母・恭子(裕木奈江)を犯人扱いされ、結果、母親を自殺で失った。

そして現在、警察官となった慶介は、愛する母を奪ったメディア関係者への復讐(ふくしゅう)のために動き始める。

最初のターゲットは番組プロデューサー・井出正弥(杉本哲太)。さらに、事件当時、捜査線上に浮かんだ男の家族である小河原雪子(栗山千明)と若葉(橋本環奈)の姉妹に、慶介はそれぞれ別人を装って近づいていた。

そんな慶介が運営するメディア被害に関する通報サイトに、今度は、『ザ・プレミアワイド』のディレクター・真崎久美子(水野美紀)についての相談が寄せられる。スクープのためなら手段を選ばない真崎の取材によって、殺人事件の容疑者が逮捕直前に逃亡してしまったという。

かつて、言葉巧みに恭子に近づき、インタビューを行った真崎に裏切られた過去がある慶介は、次なるターゲットとして真崎への制裁を決意する。そんな中、逃亡中の容疑者から真崎の元に一本の電話がかかってくる。

そこで持ち掛けられた“ある条件”に真崎は…。はたして、慶介が激しい怒りとともに突き付ける公開されると真崎の人生を終わらせる映像…ファイナルカットとは?

引用元:https://www.ktv.jp/finalcut/story/02.html

井出プロデューサーに続いてのターゲットは真崎ディレクター。きれいな顔してやってることはエグいんですかね~?

FINAL CUT(ファイナルカット)第2話ネタバレ

*第2話放送終了後に更新します!

第一話の回想から始まった第二話(→FINAL CUTファイナルカット第1話ネタバレ&あらすじ!

慶介の運営するサイトに先日起こった朱保野市殺人事件の被害者の夫から、真崎ディレクターに関する相談が寄せられた。住吉というアパートに住む男性が容疑者として捜査線上に上がっており、DNA鑑定の結果がわかり次第逮捕される予定でした。

しかし、逮捕される直前に真崎ディレクターによって行われた直撃取材のあと、住吉容疑者は姿を消してしまったのです。

被害者の夫は警察からは過度な取材は控えるよう要請があったはずなのに、それをムシして取材を強行したあげく、それを放送するなんてありえないことだと他の記者から言われたと慶介に話します。

ここから慶介の真崎ディレクターへ対する復讐が始まります。

野田大地は真崎ディレクターの鞄についているペンが小型カメラ付きのペンにすり替え、また慶介は真崎ディレクターのあとを付け動画を撮ります。そんな中、住吉容疑者本人から真崎ディレクターに電話があり直接会って、本当のことを話してもいいと言われます。

貸し会議室で容疑者の取材を決行した真崎ディレクター。容疑者は被害者と不倫をしていて、別れ話をされたことに逆上して包丁を持ちだしたが、殺すつもりはなかったとカメラの前で泣いて謝ります。

取材が終わると真崎ディレクターは他のスタッフが見ていないのを見計らって住吉容疑者に封筒を渡します。封筒の中には現金が入っていました。その現金を見ながら住吉容疑者は不倫は嘘、サービスだと言い放ち姿を消します。

その現場を盗撮していた慶介と大地は驚きますが、真崎ディレクターは不敵な笑みを浮かべます。

会議室から出てきた真崎ディレクターに近づき、話しかける慶介。急いでいると言ってその場から離れようとする真崎ディレクターに、盗撮した音声を聞かせます。

貸し会議室内に真崎ディレクターを誘導することに成功した慶介は「プレゼント」と言って、URLの書いてある紙を渡します。

「なにこれ」と言う真崎ディレクターに「見てみようか」と言って慶介は動画を見せます。その動画はザ・プレミアワイドで流される「直撃疑惑の真相究明シリーズ」のパロディ。

内容は真崎ディレクターが、「上に行く為なら何だってやる」と言っている映像だったり、「このあとも取材に行かないと」と言って娘に電話をかけた直後に夫ではない男性と鉄板焼き屋に行き、情報公開をねだる真崎ディレクターの映像が映っていました。

また、住吉容疑者からの電話で、直接会う為の条件として現金を要求され、「多少なら…」と答えているシーンも映し出されます。

これについて真崎は捜査に協力するためだと言い張りますが、「アウトだろう。どう思うかなこんなお母さんを見たら」と言う慶介とともに真崎の娘の映像も映し出されます。

これは犯罪だ、わかってやっているのかと声を荒げる真崎に「よく言うよ。散々やって来たろ。呼んでもないのに。あんた、言ったよな、私、早川さんの無実信じています。」と12年前の女児殺害事件の時の真崎の言葉を言う慶介。

12年前、容疑者と疑われる母に真崎は「私にも娘がいるから、早川さんのことを信じられる。本当のことを話してください」と言い、真崎の言葉を信じた慶介の母は取材を受けることを承諾しました。

その取材の中で、母は女児がいなくなった日に見かけた男のことやその男のことは警察にも話してあることを話しましたが、編集され放送された取材の内容は女児や女児の母親に対しての謝罪の部分と母親と問題があったのかという質問に口ごもって答えなかった母親の姿のみでした。

その放送を見て母は泣き、偶然外を通りかかった真崎ディレクターを追いかけて慶介は文句を言いますが、鼻で笑われたのです。

慶介は真崎ディレクターになぜあの時取材した本当のことを放送しなかったのかを問い詰めると、真崎からは「当時は早川恭子が容疑者だとみんな思っていた。みんながそう思えば真実になる」という返答が返ってきます。

慶介は「ふざけんな!」と声を荒げ、「真実ってのは、こう言うのを言うんだよ。あんたにはまた会いに来る。頼みを聴きに来る。このスクープは諦めな。」と迫ります。

「諦める!?これを!?」と戸惑う真崎に「スクープを諦めるのと、あんた自身がスクープになるのどっちがいい?これが、あなたのファイナルカットです。」と追い込みをかける慶介。

このファイナルカットが影響したのか、その後真崎は容疑者取材をボツにし、ザ・プレミアワイドの会議内で行き過ぎた取材で遺族を傷つけてしまったことを謝罪します。

結局ザ・プレミアワイドでも容疑者の取材については放送せず、代わりに容疑者逮捕の瞬間を放送(容疑者の取材後、他のスタッフで住吉容疑者のあとをつけていて、逮捕の瞬間を撮影していた)。

放送終了後、休憩場所(?)で落ち込む真崎に百々瀬は紙のバラを差し出し、「僕の大事な戦力だ」と言ってフォローします。

スポンサーリンク

一方、小河原雪子と若葉姉妹への接近も忘れていない慶介は、2人との距離を着実に近づけていきます。若葉とデート中に家族の仲の良さについて尋ねると、若葉は素直に家族について話し始めます。

父は仕事人間であり、母は有閑マダム、姉は恋に奥手…。そして兄がいることも慶介(若葉といる時は守という偽名)に話します。若葉によると兄は海外にいるとのこと。

ただ、兄についてはその後家族が朝食中に集まった時に父と母に「そういえばお兄ちゃんはどうしているんだろうね」と質問すると、少しの沈黙のあと父「どうするか決めないといけないな」母「どうするかちゃんと決まったら話すわね」という風に応えていたことから、実際は海外には行っていないのではないかと個人的には思っています。

また、姉の雪子にも着実に近づいていて、夜の美術館で子ども達と糸電話を作っていた雪子。自分でも糸電話を持ち「もしもし、私は小河原雪子です。」と話ます。しばらく無言ののち聞こえてきた「オレ」という声に驚く雪子。

陰から出てくる慶介(雪子に会う時は吉沢と名乗っている)。慶介が糸電話で「会いたい」「もっと話したい」と伝えると、雪子は直接「私ももっと会いたい」と答えました。

また、慶介が警察署で12年前の女児殺害事件についてデータ入力をしていると「またその事件か、そんなに気になるかその事件が」と言いながら現れたのは高田副署長。

偶然この事件を入力していただけだと慶介が否定すると、「助かるよ。仕事が早くて。中村慶介くん、いや早川慶介くん」と言った高田副署長。驚いて振り返る慶介と見つめ合う高田副署長…

 

という感じで第2話は終了しました・。

FINAL CUTファイナルカット第2話感想&まとめ

というわけでFINAL CUTファイナルカットの第2話のあらすじ&ネタバレをまとめてみました。

第1話に引き続きパルクールのシーンがあるのかな~?と思っていましたが、第2話ではありませんでしたね。そして、小笠原家の両親は絶対何かを隠してますね。若葉が兄について質問したときのあの動揺っぷりったらもう。

小河原と言えば姉妹が面白い位にそれぞれ偽名慶介に惹かれていっているのがすごいです。亀梨くんの演技力よ。雪子に近づく吉沢ゆうは小学校教師という設定らしいのですが、そう言われたらもうそうにしか見えない。

今回のターゲットだった真崎ディレクターは社員ではなくフリーのディレクターでたたき上げのため、スクープの為なら何でもやるというスタイルのようですが、それにしたって嫌な感じ~って見てて思いました。

家族に誇れる仕事の仕方ではないよな、確かに。

第3話は若手ディレクターがターゲットのようですが、どんなファイナルカットができあがるのか楽しみですね。

FINAL CUTファイナルカット第1話のあらすじ&ネタバレはこちら→→ FINAL CUTファイナルカット第1話ネタバレ&あらすじ!

 

FINAL CUT(ファイナルカット)第2話を見逃した方は…

FINAL CUT(ファイナルカット)のことすっかり忘れてた!人や、私のように興味なくて見なかったけど、やっぱり見てみたい!という人はFOD(フジテレビオンデマンド)で見逃し配信してますので、第3話の前にそちらをぜひごらんください!

→→31日間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

もちろん、FINAL CUTファイナルカットを視聴し終わって31日経つ前に解約しても無料です!この際見逃した過去のドラマも見るのもいいですね♡

8のつく日にはポイントをもらえるキャンペーンをやっているのでファイナルカットも無料視聴できますよ!

関連記事&スポンサーリンク



-TV, ジャニーズ, ドラマ

Copyright© なんでもないひ、どっとこむ , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。