あなたにとってはなんでもないニュースでも、私にとっては大ニュースだったりする。エンタメ中心にブログ更新中

なんでもないひ、どっとこむ

芸能

小林麻央、みたまうつしの儀とは?お通夜とは違うの?

投稿日:

今日、市川海老蔵さんのブログが更新され、先日亡くなられた小林麻央さんのみたまうつしの儀が行われたと報告しました。はて、みたまうつしの儀とは?というわけで、みたまうつしの儀とはどんなものなのか、通夜との違いは何なのか、調べてみました!





 

小林麻央さんのみたまうつしの儀が行われた

25日、市川海老蔵さんのブログが「みたまうつしの儀を終え」というタイトルで更新され、無事儀式を終えたことが報告されました。

帰宅。

娘も倅もみたまうつしの儀に参列しました。

家に戻り

子供の事をというか

お世話?タイムです

みたまうつしの儀って初めて聞いたんですけど、知っている人いますか?「みたま」というのは大体神道なんだろうな、と思うんですが。興味を持ったので調べてみました!

みたまうつしの儀とは?

みたまうつしの儀は「御霊遷し」と書き、「遷霊祭(せんれいさい)」ともよばれています。神式葬儀の中核の行事であり、文字通り、故人の霊魂(みたま)を御霊代(みたましろ)に遷し留める儀式のことです。

みたまうつしの儀は必ず、夜間 に行うことになっています。 「御霊代」とは神事の概念で、神霊が乗り移りる有体物のことで、仏式でいう位牌のこと。神式ではれいじと呼ばれているそう。神道ではそれを神霊の代わりとして祀るんだそうです。

通常は鏡や白木などが使用されるが、生前愛用していたものなどが使用されることもあるそう。ちなみに、この儀式が行われると、故人の魂はその瞬間から神となり、魂代に乗り移るんだそうです。

スポンサーリンク

みたまうつしの儀は通夜とは違うの?

神道では仏式の通夜にあたる儀式のことを「通夜祭」と呼びます。通夜祭と遷霊祭は別物で、通常分けて行われることが多いそうですが、最近では一体化して行うこともあるそう。

一般的に、通夜祭のあとにみたまうつしの儀は行われるそうで、夜を表すために部屋を真っ暗にして行うのが慣例なんだそう。

「御霊遷し(みたまうつし)」が無事終わると、祭場に再び灯りを点け、斎主以下一同が御霊代(みたましろ)の前に集まって、斎主の祭詞奏上に続いて、順に玉串を奉奠(ほうてん)し、忍び手(音を立てない拍手)で二拝二拍手一拝で拝礼します。

まとめ

というわけで、みたまうつしの儀とは?通夜とは違うのかについて調べてみましたがいかがでしたか?

実は私の実家も神道なので、通夜祭・葬場祭という単語は知っていましたが、みたまうつしの儀っていうのは初めて聞きました。父に確認してみたところ、我が家ではこれはやらなかったようです。やらなくてもいいのか?一体化してたのか?謎です(笑)

今回の記事を簡単にまとめると

  • 小林麻央さんの通夜祭が行われた
  • 通夜祭のあとに「みたまうつしの儀」が行われた
  • 「みたまうつしの儀」とは、簡単に言うと位牌に魂を遷す儀式
  • 通夜と「みたまうつしの儀」は違う

という感じになります。

神道って仏式と違って、線香じゃなくて代わりの玉串奉てんがあったりあんまりなじみがないかもしれませんが、個人的には神道のが好きです。主人の実家が仏式なので我が家は曹洞宗ですが。

ちなみに神道と言えば、天皇家ってイメージ(なのは私だけ?)ですが、天皇の即位後の儀式も神道にのっとって行われるようです。ちょっと興味深い記事もありますのでよかったらこちらもどうぞ⇒⇒天皇即位後の儀式【大嘗祭】とは?伯家神道の預言で日本滅亡!?






-芸能

Copyright© なんでもないひ、どっとこむ , 2017 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。