あなたにとってはなんでもないニュースでも、私にとっては大ニュースだったりする。エンタメ中心に更新中

なんでもないひ、どっとこむ

TV

メルボルン事件の真犯人はガイドのチャーリー!?

更新日:

当時日本を騒がせたメルボルン事件ですが、真犯人はガイドのチャーリーだったという信じられない噂が!!そうなると逮捕・投獄された日本人は冤罪だったということになりますが…本当にメルボルン事件の真犯人はチャーリーなのか調べてみました!



メルボルン事件とは?

メルボルン事件とは簡単に説明すると、オーストラリアのメルボルン空港で、日本人観光客がヘロインの密輸容疑で逮捕され、無罪を主張したものの実刑判決を受けた事件のことです。

メルボルン事件については無罪を主張する女性がテレビ番組で取り上げられたりして、知っている方も多いのではないかと思います。

メルボルン事件発生の流れ

メルボルン事件が発生したのは1992年6月。

日本人観光客7人のグループがメルボルン空港でヘロインをスーツケースの底に隠し持って密輸しようとしたとして逮捕されました。

しかし、メルボルン空港に入る前この日本人観光客グループはマレーシアのクアラルンプールを経由しており、そこで自身のスーツケースの盗難に遭っていたのです。

その後盗難に遭ったスーツケースは見つかりましたが、ズタボロに傷つけられていたということで、現地のガイド(チャーリー)が用意した新しいスーツケースに交換したのです。

そしてそのスーツケースには二重底の仕掛けがしてあり、ヘロインが隠されていたというわけです。

ヘロインが隠されていることなど知らぬ観光客はそのまま入国審査に入りましたが、そこで同行していたAが不審人物として疑われた結果、同行者全員のスーツケースがX線検査にかけられ、ヘロインが隠されていたことが発覚したのです。

日本人観光客7人のうち4人のスーツケースにヘロインが隠されており、その4人と不審人物と疑われたAが逮捕される結果になりました。

メルボルン事件の真犯人はガイドのチャーリー?

無罪を主張していた日本人観光客ですが、その後の裁判では連邦最高裁まで争いました。しかし、判決が覆ることはなく、懲役15年から20年の実刑判決が確定し、服役もしました。

でもどう考えても、怪しいのはガイドのチャーリーですよね!新しいスーツケースを用意したのはチャーリーですし。。。

チャーリーが一番最初に真犯人として疑われなければおかしいのに。しかもこのガイドのチャーリー、事件の重要なカギを握っていることは明らかなのに、裁判に証人として出廷することもなかったのです。

チャーリーが裁判に出廷しなかったせいで(?)日本人の実刑判決が確定してしまったのではないかと言われてもおかしくないですよね。

スポンサーリンク

チャーリーが真犯人と言われる理由

さて、ではなぜここにきてガイドのチャーリーが真犯人と言われているのかですが、実はチャーリーはメルボルン事件が起きたあとに別の事件で事情聴取されているのですが、その際に日本の弁護団に「あれは自分で仕組んだもので、日本人観光客は無関係」だと話したんだそうです。

これってもう自分が真犯人だと認めてますよね!!ちなみにこの事件のあと、マレーシアでは別の人物が逮捕されており、その人物の供述によると、この事件には「日本・マレーシア・香港・オーストラリア」の人間によって仕組まれたものだったそうです。

壮大な密輸計画だったということですね。

まとめ

というわけで、メルボルン事件の真犯人はガイドのチャーリーなのか、ということについて調べてみまひたが、いかがでしたか?

ガイドのチャーリーの供述からももう真犯人はチャーリーだったと言えるのではないでしょうか?

未だに日本人観光客の無罪は証明されていないので、早く無実が証明されてほしいですね!

メルボルン事件に巻き込まれた日本人観光客・本多千香さんについてはこちら⇒本多千香(メルボルン事件)は現在どうしてる?真相は!?

関連記事&スポンサーリンク



 

-TV

Copyright© なんでもないひ、どっとこむ , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。