あなたにとってはなんでもないニュースでも、私にとっては大ニュースだったりする。エンタメ中心にブログ更新中

なんでもないひ、どっとこむ

「食」 育児グッズ

【生協の宅配】パルシステムに資料請求!コープデリとの違いを比較。魅力的&残念なところは?

更新日:

みなさん、こんばんはー。

最近あったかくなって、冬が終わるのが嬉しいありすです。

でも花粉がつらい…。

私、花粉症なので。

そのうち花粉に関する記事も書こうかな。

ところで、先日こんな記事を書きました。

no image
【生協の宅配】育児中こそ利用すべき!コープデリ(コープみらい)がおすすめの理由。

なさんこんばんは。 今日はいい夢みたな~とつぶやいたら、 「どーせニノのゆめでしょ」 と長女(もうすぐ5歳)に言われたありすです。 (しかも当たってるw) っとタイトルと全然関係ない話ですいません(笑 ...

続きを見る

 

我が家でコープを利用してはいるものの、

パルシステムの方が多く添加物の少ない食品を扱っているというイメージがあり

どんなものがあるのか気になったので、実は先日パルシステムにも資料請求をしてみたんです。

そして今日、パルシステムの営業さんが試供品とカタログ見本を持ってやってきたので、

自分の備忘録もかねて

生協の宅配パルシステムコープデリの比較検証をしてみますので、良かったらお付き合いください^^

スポンサーリンク

パルシステムの配達エリアは?

ではまず配達エリアから。

パルシステムもコープデリも同じ生協の宅配ですが、エリアに多少の違いがあります。

配達のエリアはこちら↓

パルシステム

東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・福島・山梨・静岡

コープデリ

千葉・埼玉・東京・茨城・栃木・群馬・長野・新潟

 

どちらも全国展開ではなく、関東や東海といった限られた地域のみなんですねー。

全国で利用できると思ってましたが、違うんですね。

*コープは全国にありますが、コープデリという名前ではないようです。

コープとの違い

コープとパルシステムの大きな違いと言えば、実店舗があるかどうかですね。

コープには実店舗がありますが、パルシステムにはありません

また、配達の間隔も違います。

パルシステムは週に1日。

コープデリには、週1日のウィークリーコープと週に3~5日のデイリーコープがあります。

ただし、ウィークリーでは生活雑貨や食料品など様々な商品を扱っているのに対して、デイリーではお料理キットなどの配達当日に使うような食料品に限られています。

魅力的ポイント

続いて、私の目線になりますが、コープと比較しつつ魅力的だな~と思ったポイントをいくつか挙げてみますね。

 

70%以上が自社製品

コープでは一般にスーパーで販売されている製品とコープの自社製品4:6くらいの割合で販売されていると思うんですが、パルシステムは70%以上が自社製品らしいです。

これはうちに来た営業さんが言ってました。

だから、他のところでは手に入らない商品もある。

CMでおなじみの天然酵母を使ったパンとかこんせんヨーグルトとかそうですよね。

市販で売っているものと違って、余計な添加物を一切使っていないので、とても魅力的だなぁと思います。

無添加食品の取り扱いが多い

これは上述しちゃってるんですが、ヨーグルトとかパンとかがそうですね。

コープには無添加パンはないので。

その他にも亜硝酸Naを使用していないウインナー・ハムとかもあります。

亜硝酸Na不使用のウインナー・ハムはコープにもある。

パルシステムでは無添加食品に特に力を入れているらしいです。(これも営業さん談)

添加物の危険性が最近よく聞かれるので、嬉しいポイントだと思います。

金額的にもコープより安いです。

上述した亜硝酸Na不使用のウインナーを例に挙げると

【コープデリ】  77gx2パック   285円  1gあたり 2円

【パルシステム】 120gx2パック 398円 1gあたり  1.6円

なので、ほんの少しですがパルシステムの方が安いですね。

 

クレジットカードが利用可能

これもコープとパルシステムの大きな違いですね!

パルシステムは引き落としの他に、クレジットカードも使用できるんです~!

コープは引き落としのみ。

陸マイラーの私としては、クレジットカード使えるのは本当に大きい。

ただし、カードを利用するとポイントは付かないみたいですので要注意。

 

「タベソダ」というアプリを使うと基本手数料がかからない

コープにもネット注文用のアプリはありますが、基本手数料はかかります。

しかし、パルシステムの「タベソダ」というアプリをダウンロードし利用開始すると、カタログが届かなくなります。

その分基本手数料もかからなくなります。

つまり基本手数料=カタログ代ということみたいです。

カタログを見ながら注文したい!という人には向いていませんが、我が家のようにパンとヨーグルトだけ欲しいというように買うものが大体決まっている人にはぴったりの注文方法だと思います♪

 

残念ポイント

続いて、私的残念ポイント。

ここが改善されればパルシステム一択でもいいのになー!!ってとこです。

各種手数料が残念

コープは基本手数料が80~100円(税別)なのに対して

パルシステムは180~200円(税別)なので、約2倍

配達手数料はコープが100円(税抜)に対して

パルシステムは150~180円(税抜)なので、約1.5倍

どちらもちょっと高いんです。

この手数料は配達1回ごとにかかるので、一か月あたり基本手数料は400円、配達手数料は200円ほどパルシステムの方が高くなります。

さらにコープで子育て割引が適用されていると、最大で両方の手数料が無料になるので、その場合は手数料だけで1,400円も差があります。

子育て割引サービスが残念

上述のように、コープデリは赤ちゃん割引があり、母子手帳交付~1歳から3歳(エリアによって異なる)まで配達手数料が無料になります。

*コープみらいは小学校入学前まで配達手数料のほか基本手数料も無料!

パルシステムでも母子手帳配布~小学校入学前の子どもがいる家庭向けのキッズ割引というものがあります。

あるんですが、1回の買い物金額が5,000円以上にならないと適用されないんです。

5,000円てなかなかの金額ですよね?

1ヶ月4回買うとしたら2万ですよ。

特に買うものがないとき、ムリして5,000円以上買うくらいなら手数料払った方が安い気がします…。

 

購入金額あたりのポイント付与率が残念

パルシステムは500円購入で1ポイント付与されます。

これに対し、コープデリ(栃木・群馬・長野・新潟以外)は200~300円購入で1ポイントです。

どうせポイントがつくなら、付与率が高い方がいいですよね。

といっても、栃木・群馬・長野・新潟は500円につき1ポイントなので、パルシステムと変わりません

しかも、クレジットカードを使用する場合はポイントは付かないので、あまり関係ありませんね。

まとめ

東京・埼玉・千葉にお住まいの方で、小学校入学前の子どもがいる家庭はコープデリのがおすすめです。

ただしカードが利用したい場合や、天然酵母のパンやヨーグルトが欲しい場合はパルシステム一択になりますね!

ちなみにうちは、とりあえず掛け持ちです(笑)

パルシステムでは資料請求の他に、おためしセットを1,000円で購入できるサービスも行っているみたいですので、気になる場合はこちらをまず利用してみてはいかがでしょうか^^

資料請求はこちらから出来ます↓


-「食」, 育児グッズ

Copyright© なんでもないひ、どっとこむ , 2017 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。