あなたにとってはなんでもないニュースでも、私にとっては大ニュースだったりする。エンタメ中心に更新中

なんでもないひ、どっとこむ

スポンサーリンク

「食」 健康

激辛料理の体への影響は?妊娠中でも大丈夫?

投稿日:

激辛料理が大好き!というあなた、激辛料理の体への影響って考えたことありますか?あまりに辛いと体に悪そうですよね。妊娠中に激辛料理って食べていいのかな…?と不安になる妊婦さんもいるようですし、妊娠中の激辛料理の是非や体への影響についてあるのか調べてみました!

スポンサーリンク


激辛料理を食べ過ぎるとどうなる?

私はあまり辛いモノが得意ではないので、激辛料理を食べたい!となることがほぼないのですが、たまーに刺激が欲しくて味噌汁に七味を入れたりすることがあります。

激辛料理が大好きだ!という方の中には、マイ七味やマイタバスコを持ち歩く人もいるそう。考えられない…笑

テレビ番組で、激辛料理を制限時間内に食べきる企画をたまにやっていたりしますが、見ていて口の周りを真っ赤にして食べ続けるタレントさんの体への影響が心配になったりします。

激辛料理の辛みの元と言えば、唐辛子などに含まれている「カプサイシン」という成分が有名ですよね。このカプサイシンは代謝力を上げて、脂肪を燃やしてくれる効果があるので、ダイエットや健康にもいいと言われています。

ただ、どんな食べ物でも摂りすぎはよくありません。カプサイシンや激辛料理も同じ。ではどの程度なら1日に摂っていいのでしょうか?

実は日本ではカプサイシンの摂取量について明確な基準がありません。というわけで、実際にカプサイシンの摂取量について調査を行ったドイツの数値を参考にしてみましょう。

ドイツの調査では大人1回あたりのカプサイシンの摂取量は最大5mg/kg。つまり体重1kgあたり最大5mgということなので、体重50kgの大人であれば250mg摂取出来るということになります。

ただし、この摂取量はカプサイシンへの感受性が強い人や食べ慣れていない人(つまり辛いものが苦手な人)には、あまり望ましくない効果を与えると注意喚起されています。

一般的なキムチ用の唐辛子に含まれるカプサイシンの量は0.06~0.07gと言われていますので、本数に換算すると4000本以上。1日で4000本唐辛子を食べるのには無理がありますが、ハバネロなど唐辛子の種類によってもカプサイシンの量は違うので、注意するに超したことはありません。

そして、激辛料理を食べ過ぎるとどうなるのか?ということですが、一般的に言われているのは「お腹が緩くなる」とか「翌日お尻の穴が痛くなる」とかですよね。

その他にもありますが、そちらはこのあと詳しくご説明していきますね。

激辛料理の体への影響は?

さて、激辛料理を食べると心配になるのが体への影響。あまりにも激辛なものを食べると辛いを通り越して「痛い」と言ったりしますが、そんな痛いもの食べて大丈夫なの?と思います。

そこでここでは激辛料理がもたらす体への影響をまとめてみました。

体への影響【良い】

  • 発汗作用
  • 代謝アップ
  • 血圧の改善

辛いモノを食べると体が熱くなり、汗をかきますが、あればカプサイシンの効果で血行が促進されているから。

辛いモノを食べて代謝を良くすることでダイエットにもつながるとされています。

体への影響【悪い】

続いて、激辛料理の体への影響【悪い】篇です。こちらは激辛料理を食べ過ぎた時にもたらされる体への影響を考えていただくといいと思います。

  • 粘膜が傷つきやすくなり、のどや胃が荒れる
  • 味覚が鈍くなる
  • 生活習慣病のリスクがあがる
  • 四肢のけいれん
  • (最悪は)死亡することも

激辛料理に含まれる成分によって粘膜が傷つきやすくなり、のどや胃が荒れる原因となります。また、最近では熱いモノや辛いモノをよく食べる人には食道がんの発症率が高くなっていることもわかっています。

また、激辛料理を食べ続けることで、

味覚がおかしくなる→味の薄い料理を食べても味がわからなくない→さらに濃い味付けを好む→生活習慣病のリスクが上がる

という悪循環に陥ることも報告されているので注意が必要です。

激辛料理ではなく、ほどよい辛さの料理を食べ過ぎなければ体への影響はほぼありません。ただし、激辛料理を食べ過ぎたり、自分の限界を超えて摂取したりすると、四肢のけいれんや最悪死亡することもあるそう。

実際に中国では、最高指数の激辛火鍋を食べた男性が死亡しています。この男性は食べ始めてからしばらくしてから胃痛を訴えましたが、そのまま食べ続けます。

そして食事を終えると同時に吐血。病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。この時診察にあたった医師によると、男性に健康上の問題はなく、激辛火鍋を食べたことが原因で胃の壁に病変が生じ出血したのだと説明。

辛さが強すぎて胃に穴があいてしまったということなのでしょうかね。中国の専門家は、火鍋を食べるときは辛さを控えめにすることが大切だと話しているそうです。

スポンサーリンク

妊娠中の激辛料理がNGと言われている理由

と、ここまで激辛料理の体への影響について説明してきましたが、続いては妊娠中の激辛料理の影響です。

妊娠すると食べ物や飲み物など食生活にもかなり気を遣うことが増えますよね。普段激辛料理が好きでよく食べていたけど、妊娠中は良くないと聞いたので控えているという妊婦さんもいらっしゃると思います。

でも我慢することって母体にとってもストレスになりますよね。我慢してストレスになるよりは食べた方がいいはず。ではなんで妊娠中は激辛料理はNGと言われているのでしょうか?

調べてみたところ、激辛料理自体が赤ちゃんの体に影響があるわけではなく、母体への影響が大きいためそう言われているようです。

激辛料理=塩分が多い

激辛料理には塩分が多く含まれていることが多いです。妊娠中の塩分の取り過ぎは、高血圧やむくみなどの症状につながり、ひいては妊娠高血圧症という重大な病気を引き起こす可能性があります。

妊娠高血圧症は母子ともに危険な状態になることもある病気。そうならない為にも塩分の多い激辛料理は控えましょうと言われています。

激辛料理=水分を取り過ぎる

激辛料理を食べていると、どうしても辛さを中和する為に水分を摂る量が増えます。必要以上の水分摂取は水毒症やむくみの原因になってしまうのです。

水分を摂らなすぎても脱水症状になってしまうのでいけませんが、取り過ぎも良くないんですね。

激辛料理で胃腸を傷つけても飲める薬がない?

妊娠中は薬の服薬にも気を遣います。過度に激辛料理を食べてしまい、もしも胃腸の粘膜を傷つけてしまったとしても、市販の胃腸薬は飲めません。

産婦人科で診察してもらうしかないので、金銭的にも精神的にも負担がかかってしまいますね。

妊娠中でも激辛料理を食べても大丈夫!

ここまで妊娠中の激辛料理のもたらす影響を説明してきましたが、もしおびえさせてしまっていたらすみません・・。でも知らずに食べることほど怖いものはないので、知識として持っておいて損はないと思います。

そして上で説明した理由はあくまで、過度に摂取した場合です。妊娠中だから絶対に激辛料理を食べてはいけないというわけではなく、節度を守って食べれば大丈夫なんですよ。

実際わたしも妊娠中に突然辛いものが食べたい!となって激辛料理を食べたこともありますし。担当医さんに確認しましたが、食べ過ぎなければ別に大丈夫とおっしゃっていました。

ただやはり説明した通り、塩分の取り過ぎにつながる場合があるので、妊娠前は激辛ラーメン1杯食べていたけど、妊娠中は半分に減らすなどちょっとした工夫はしていました。

全部NG!とするのではなく、自分なりに工夫してストレスを溜めないように好きなモノを我慢せずに妊娠中を乗り越えられるといいですよね^^

どうしても不安だ…という方は一度主治医に相談してみるのも不安を取り除く方法としてオススメですよ♪

まとめ

というわけで、今回は激辛料理がもたらす体への影響と妊娠中の激辛料理との付き合い方についてまとめてみました。

激辛料理がもたらす体への影響は、血行促進や発汗作用など良い面もありますが、過度の摂取は胃や食道の粘膜を傷つけたり、生活習慣病のリスク上昇など悪い影響もありました。

また妊娠中の激辛料理は塩分や水分の取り過ぎに気をつけ、量をいつもより減らすなどの工夫をしながら食べればストレスにもつながらないのでオススメです。

激辛料理も適量なら体への悪影響も少ないので上手に付き合っていきたいですよね^^

こちらの記事もよく読まれています!



-「食」, 健康

Copyright© なんでもないひ、どっとこむ , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。