ジャニーズ・皇室・話題のニュース・・・あなたにとってはなんでもないことでも、私にとっては大ニュース!

なんでもないひ、どっとこむ

ナイトドクター桜庭の薬と病気

芸能

ナイトドクター桜庭の持病・薬は何?美月の母と関係あり?

2021年6月30日

夜間専門に勤務する医者のドラマ「ナイトドクター」が始まり、先日2話が放送されましたが、1話から引き続き北村匠海さん演じる桜庭の持病や薬が話題になってますね!

桜庭は何の病気なのか?

また、この病気が波留さん演じる美月の母と関係があるのではないか?

謎が深まるばかりです。

今回はナイトドクターの桜庭の病気や薬についてと、美月の母と何か関係があるのか、について調べてみます!

ナイトドクター桜庭は持病がある?

普段は明るいキャラクターの桜庭ですが、胸を押さえてうずくまり、薬を飲む・・・というシーンがあります。

結構辛そうな発作のある病気で救急医なんてやって大丈夫なの!?と思ってしまうんですが、そもそも桜庭の病気は一体何なのでしょうか?

一話では発作のような仕草から薬を飲むシーンがあり、精神疾患なのかな?はたまた心臓の薬?といろいろ想像してしまいました。

Twitterでもこの薬や発作についてかなり話題になってましたね。

ナイトドクター桜庭の薬は何?

第一話では詳しく映されなかった薬ですが、第二話では薬袋が映るシーンがありました。

このツイートの通り、桜庭先生の飲んでいる薬は

  • シクロスポリン(免疫抑制剤)
  • アザチオプリン(合成副腎皮質ホルモン剤)
  • ロラゼパム(抗不安薬)

とのこと。

薬一つ一つの効果・効能も大事ですが、これが「心臓血管外科」から処方されている、ということがポイントのようですね!

この三つの薬が心臓血管外科から処方されているということは「臓器移植」を受けたあとである可能性が高いようです。

つまり、桜庭先生は心臓の血管に病気があり、心臓移植を受けたことがあり、その移植による拒絶反応の抑制のためにシクロスポリンを服用している、と。

ナイトドクター桜庭と美月の母の関係は?

二話で桜庭先生が美月の父から13年前に母親が亡くなったことを聞いて驚き、彼女のプロフィール?を見て母親は脳出血で亡くなっていることを確認しています。

このことからおそらく桜庭先生は13年前に心臓移植を受けたのではないでしょうか?

わたしの考察

美月の母親は脳出血を起こし、脳死状態になってしまった。

彼女は生前脳死状態になったときの意思表示として、臓器移植を希望していた。

その心臓が桜庭先生に移植された。

第一話で美月の手帳に挟んであった手紙?を見て「なんでコレを浅倉が・・・」と言っているシーンがありました。

おそらくこの手紙が桜庭先生がドナーの遺族の方(美月?)に送った手紙だったのではないでしょうか?

この手紙をきっかけとなり、桜庭先生は「美月の母が自分のドナーなのではないか」と気づき、第二話の美月の父親へ母親が亡くなったことを問うシーンに繋がっているのかな、と。

つまり、桜庭先生と美月の母親との関係は「ドナーとレシピエント」なのではないか、というわけです。

自分の命を助けてくれた恩人の娘=美月という構図が出来上がり、その恩人の娘を助けたい、という気持ちもあって、第二話のラストシーン(美月が変質者に襲われているところに桜庭が駆け出す)で助けようとしたのかな?と思います。

まとめ

というわけで今回はナイトドクターの桜庭先生の病気は何なのか、服用している薬とその効果効能、なぜ薬を飲んでいるのか?を考えて、そこから美月の母との関係性も推測してみました。

第二話のラストシーンでは変質者に襲われる美月を助けに行く桜庭先生のシーンがありましたが、その後どうなるのか気になる・・・!

薬飲んでる状態なのにそんな激しい動きして大丈夫なの?って心配になっちゃいます・・。

第三話では桜庭先生が救急を辞めるような予告も出てますし・・・辞めちゃうのかな・・・

医療モノのドラマって実際に現場で働く人から見るとトンデモ設定になっていることも多いそうですが、面白くて見ちゃいます!

早く月曜にならないかな!と思ってるのも私だけじゃないはず!

次回のナイトドクターも楽しみです♪


ナイトドクターの見逃し配信はFODプレミアムで無料視聴可能です!(2021年7月現在)最新情報などは公式サイトで確認してくださいね!
公式サイトはこちら⇒⇒2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】

-芸能

Copyright© なんでもないひ、どっとこむ , 2021 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。