あなたにとってはなんでもないニュースでも、私にとっては大ニュースだったりする。エンタメ中心に更新中

なんでもないひ、どっとこむ

スポンサーリンク

当記事ではブログ記事のコピーチェックシステム(コピーされると連絡が来るシステム)を利用しています。

IPアドレスなど詳細情報がこちらに保存されていますので、あまりにも内容が類似している記事を発見した場合、あらゆる措置を取らせていただきますのでご了承ください。

 

 

スポーツ 話題

紀平梨花は広田幼稚園(ヨコミネ式教育法)出身!高校はどこ?

投稿日:

GPファイナルで優勝した紀平梨花さんは現在高校生ですが、彼女はヨコミネ式教育法を採用している広田幼稚園の出身なんだとか。紀平梨花さんが通っていた広田幼稚園やヨコミネ式教育法のことをまとめつつ、現在通っている高校についても調べてみました!

スポンサーリンク


紀平梨花は広田幼稚園(ヨコミネ式教育法)の出身!

昨日開催されたフィギュアスケートのグランプリファイナルでオリンピックチャンピオンのザギトワを破り、見事初出場で初優勝という快挙を成し遂げた紀平梨花さん。

現在16歳で高校生なのですが、彼女の基礎体力の秘訣は幼少期にあったそうで、その鍵を握っているのが紀平梨花さんが通っていた幼稚園にあります。

紀平梨花さんは広田幼稚園という幼稚園に2歳になる前から通っていたそうなのですが、今回はその広田幼稚園と採用しているヨコミネ式教育法について調べてみます。

広田幼稚園とは

広田幼稚園とは兵庫県西宮市広田町にある私立幼稚園です。

普通の幼稚園なのですが、この幼稚園が話題になったのは、採用している教育法に注目が集まったからです。

この広田幼稚園が採用しているのが前述の通り、ヨコミネ式教育法というもの。一時期話題になったので名前は知っている人も多いと思います。

ヨコミネ式教育法とは

ヨコミネ式教育法とは、プロゴルファーの横峰さくらさんの伯父である横峰吉文さんが提唱している教育法。

ヨコミネ式教育法を採用している園に通っている幼児たちはみな、卒園までにひらがな・カタカナを読み書きできるようになるのはもちろんのこと、かけ算九九まで出来るようになります。

体力面では、全員が7段以上の跳び箱を跳べるようになります。

ヨコミネ式教育法は「すべての子どもが天才である」という考え方が基本にあり、自分で学ぶ力に注目し、「心の力・学ぶ力・体の力」をはぐくむことで、子ども達が持つ可能性を最大限に引き出すことを目的としています。

我が家の体験談や、ヨコミネ式教育法の詳細はこちらにまとめてありますので、こちらもごらんください^^

⇒⇒ヨコミネ式教育法とは?弊害やその後の子どもの様子まで!我が家の体験談

スポンサーリンク

紀平梨花の高校はどこ?

ヨコミネ式教育法で幼児期を過ごした紀平梨花さんですが、現在は高校生です。

いったいどこの高校に通っているのか気になりますよね。やっぱり設備の整った私立高校なんでしょうか?

調べてみたところ、紀平梨花さんが現在通っている高校は「N高等学校」という高校だそう。

N高等学校は、カドカワとドワンゴが共同で設立した、インターネットと通信制の高校の制度を活用した高校だそうです。

学校に通う時間がいらないので、その分自分の時間に多く充てられるというメリットがあるようです。

確かに海外遠征や全国での試合の多いフィギュアスケーターですと、こういった高校の方が活動の幅も広がりますし、時間を有効に使えるのでいいかもしれないですね!

高校卒業資格を取得するための授業もスマホやパソコンで受けられるそう!最近の高校はすごいですね…。高校卒業資格までネットで完結するとは…。

ちなみに、オリンピックで金メダルを取った羽生結弦くんも通信制の高校に通っていたので、やはり練習量の多いスポーツ選手には通信制の高校はぴったりなんでしょうね!

紀平梨花プロフィール

【名前】紀平梨花(きひらりか)
【生年月日】2002年7月21日(16歳)
【出生地】兵庫県西宮市
【血液型】O
【身長/体重】154cm/??kg
【趣味】映画、音楽鑑賞
【最終学歴】N高等学校在学中

紀平梨花さんは15歳の時に、史上7人目となるトリプルアクセル成功を成し遂げたフィギュアスケーターです。

現在高校生ですが、関西大学KFSCというクラブに所属しています。

紀平梨花さんがスケートに出会ったのは3歳の時で、5歳からスケート教室に通っていました。当時はスケートの他に、バレエや体操、ピアノも習っていたそうですよ!

結構習い事多めですね!

紀平梨花さんはトリプルアクセルを含む6種類の3回転ジャンプを飛ぶことが出来、練習では4回転トウループやサルコウにも成功しています。

また、2016年には女子選手として始めて6種類8本の3回転ジャンプを回転不足・エッジエラーなしで完璧に成功させました。この頃から頭角を現していたんですね!

紀平梨花の経歴

ではここで、紀平梨花さんの過去の経歴をまとめておきます。

2015年 全日本ノービス選手権 優勝
2016年 トリグラフトロフィーノービスクラス 優勝
2017年 アジアフィギュア杯ジュニアクラス 優勝
全日本フィギュアスケートジュニア選手権 優勝
全日本フィギュアスケート選手権 3位
2018年 グランプリシリーズ第4戦NHK杯 優勝
グランプリシリーズ フランス国際 優勝
グランプリファイナル 優勝(ショートプログラムでは世界最高得点)

紀平梨花の家族構成

紀平梨花さんのプロフィールをまとめていて、家族構成についても気になったので一応載せておきます^^

紀平梨花さんは、父・母・姉の四人家族。

フィギュアスケートという競技はとてもお金がかかるスポーツと言われているので、ご両親の職業が気になるところですが、なんと二人とも普通の会社員だそう。

父親の紀平勝己さんは51歳、母親の実香さんは47歳だそうです。

お姉さんの萌絵さんは梨花さんの4歳年上で現在20歳。

インスタグラムのプロフィールを見てみると、avex artist academyに在籍していて、関西学院大学の文学部英米文学英語学専修に通学しているとのこと。

お姉さんの萌絵さんも元フィギュアスケーターなんだそうですよ^^

まとめ

というわけで、紀平梨花さんの出身幼稚園である広田幼稚園と採用している教育法「ヨコミネ式教育法」についてと、現在通っている高校についてまとめてみました。

ヨコミネ式教育法についてはこちらの記事を参照⇒⇒ヨコミネ式教育法とは?弊害やその後の子どもの様子まで!我が家の体験談

現在通っている高校は通信制高校であるN高等学校でした。

 



-スポーツ, 話題

Copyright© なんでもないひ、どっとこむ , 2019 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。