あなたにとってはなんでもないニュースでも、私にとっては大ニュースだったりする。エンタメ中心に更新中

なんでもないひ、どっとこむ

スポンサーリンク

SexyZone

菊池風磨のソロ曲一覧!!CD化されているのは?

投稿日:

父親が作詞家ということで、自身のソロ曲の作詞も行っているSexyZone菊池風磨くん。CDなどに収録されているソロ曲一覧を見てもどれもファンからも好評な曲ばかりです。
そこで、菊池風磨くんのソロ曲の一覧、CD化されていないものがあるかを紹介します!



菊池風磨のソロ曲一覧

それでは、まず菊池風磨くんのソロ曲の一覧をチェックしましょう!

rouge(作詞:ケリー/作曲Steven Lee・Drew Ryan Scott)

rougeは菊池くんの初めてのソロ曲で、唯一プロの作詞かに任せた楽曲です。ちなみにこの曲が出来た当時高校3年生。

英語が多いので、軽く聴いてみるだけだとオシャレな曲に感じますが、しっかり歌詞を読んでみると浮気が描かれた曲で、「Please don’t say good bye」と切なそうに歌いこなす高校3年生とは恐ろしいです…。

この曲が発表された直後のrougeはまだ幼さがありましたが、SexyZone5周年ツアーとなったコンサート「STAGE」で披露されたrougeは20歳を過ぎた菊池くんの色気があふれ出ているのでぜひ見比べてみてください。

FaKe(作詞:菊池風磨/作曲RED SOUND & RED HOT)

菊池くんが初めて作詞に挑戦したのがFaKe。「どうしてKも大文字なんだろう?」と思う方もいるでしょうが、これは菊池くんのイニシャル「F.K」の部分が大文字になっています。

ちなみにFaKeもrouge同様英詞が多いので聴きやすいイメージが強いですがなかなか刺激が強めの楽曲なので要注意です。

It’s going down(作詞:菊池風磨/作曲 Christopher Erixon・Joakim Bjormberg・Steven Lee)

4つ打ちのリズムがとても心地よく、ノリノリになれるEDMです。過去2作は切ない恋愛ソングでしたが、今度は一気に方向性を変えてとても前向きな歌詞になっています。この楽曲はコンサート以外に2016年に帝国劇場で行われた中山優馬君主演舞台「DREAM BOYS」の劇中でも披露されました。

また、Sexy Zoneのコンサート「STAGE」では、メンバーのソロ曲をメンバー全員で歌うという試みがあり、菊池くんのソロ曲はIt’s going downが選ばれています。菊池くんソロとはまた違うIt’s going downを観ることが出来るので、こちらも必見です!

20‐Tw/Nty-(作詞:菊池風磨/作曲:Steven Lee)

20-Tw/Nty-が収録されたアルバム「Sexy Power3」がリリースされたのは2015年3月11日で、菊池くんの20歳の誕生日に近いことから、菊池くんが親への感謝の気持ちを綴った楽曲となっています。

ちなみにこのTw/Ntyというタイトルは20と言う意味だけでなく、「T→お父さん(つねとしさん)のイニシャル」「w/→with」「N→お母さんのイニシャル」「th→Thank you」という隠れたメッセージも素敵です。

ストレートな言葉を綴っている曲で、コンサートでは菊池くんが生まれた時から当時までの写真のスライドショーが流れるので号泣必須。両親が見学に来ていた時には両親に手を差し伸べながら歌っていたというエピソードもあり、菊池くんの親思いな一面がわかる楽曲です。

Party up!(作詞:菊池風磨/作曲:Takuya Harada・Steven Lee・Drew Ryan Scott)

クラブで遊んでいるような感覚になれるのが「Party up!」。英語の歌詞を読んでみてもこの曲の主人公がかなり遊び人なのがわかります。ライブではステージの中央に一人掛けのソファーを一つ置いただけという演出ですが、クラブにいるような気分になれるのでテンションを上げたい時におすすめの1曲です。

My Lovin’ Season(作詞/作曲:菊池風磨)

菊池くんがついに作曲にも挑戦した曲で、やっと前向きな恋愛ソングの登場です。サビの「何もかもが愛しいから 最後の一秒まで笑っていたいな 思い出にはまだしない」という歌詞がとても綺麗で切ないですね。夏の終わり頃をイメージした楽曲で、恋人だけでなく友達などいろいろな人との夏を連想させてくれるのが菊池くんらしいと思います。

Hello(作詞:菊池風磨/作曲E.ONE・JUNG CHANG WOOK)

みんなで前向きに楽しもうよという楽曲で、菊池くんのソロ曲の中では珍しく王道アイドル路線のEDMになっています。あまりEDMを聴かない人でも気軽にノれるようなポップな曲で、サビの振り付けもかわいらしいです。
Helloが披露されたコンサート「風 is a Doll?」では菊池くんと仲良しな風磨会のメンバーがバックを務めており、仲間と楽しそうに歌って踊る姿がとてもかわいらしいです。

But…(作詞:菊池風磨/作曲:TommyClint/ChristoferErixon・MiNE/編曲:TommyClint)

But…では別れる直前のカップルを歌っています。失恋する直前の歌詞と菊池くんの切なげな歌声が見事にマッチしていて聴いていて胸がぎゅっと締め付けられるというファンの人も多いです。しかも菊池くんのソロ曲は1曲を通して踊る楽曲が少なく、「But…」は振り付けもオシャレで洋楽好きな人を中心に高い支持を得ています。

…more(作詞/作曲:菊池風磨)

菊池くんのソロ曲でも久しぶりのストレートなラブソングで、切なくはありつつも日々の幸せを描いていてこんな恋愛がしたいと思わせられるような楽曲です。ちょうどドラマ「時をかける少女」に出演していた時期と近いということもあってか時間に関わるワードが多く散りばめられているのもファンとしては気になるところなのではないでしょうか。

My Life

ゆったりめなオシャレダンスミュージックで、ちょうどこの曲が披露されたのが毎年夏恒例のソロコンサートだったということもあり、夏の終わりを連想させるような楽曲となっています。大切な人への想いを歌った曲で、「My Life」もファンから高い支持を得ている楽曲です。

スポンサーリンク

菊池風磨のソロ曲 CD化されていないものもある?

菊池風磨くんのソロ曲でCD化されていないものはありません。ジャニーズのソロ曲の場合、コンサートなどで披露して音源化はせずにそれきりということもありますが、SexyZoneの楽曲は佐藤勝利くんのソロ曲「Black/White」が唯一の未音源化楽曲で、それ以外はすべて音源化されています。

しかし、限定版にしか収録されていないなどという理由で、現在音源の入手が困難なものは多々あるので要注意です。

菊池風磨のソロ曲 CD化されているもの

菊池くんのソロ曲はすべて音源化されており、収録CDを一覧形式で紹介します!

  • rouge→アルバム「one Sexy Zone」収録
  • FaKe→シングル「バイバイDuバイ~See you again~/A MY GIRL FRIEND」初回限定版F収録
  • It’s going down→シングル「男never give up」初回限定版F収録
  • 20‐Tw/Nty-→アルバム「Sexy Power3」収録
  • Party up!→アルバム「Sexy Power3」収録
  • My Lovin’ Season→シングル「Cha-Cha-Chaチャンピオン」Sexy Zone Shop盤F収録
  • Hello→カラフルEyes初回限定版C収録
  • But…→アルバム「Welcome to Sexy Zone」収録
  • …more→「Sexy Zone 5th Anniversary Best」初回限定版B収録
  • My Life→DVD「SexyZone Presents Sexy Tour 2017 STAGE」初回限定版付属スペシャルCD収録

菊池風磨プロフィール

では最後に風磨くんのプロフィールもまとめておきますね^^

【名前】菊池風磨(きくち ふうま)
【愛称】風磨・ふまたん・菊池
【生年月日】1995年3月7日(23歳)
【出生地】 東京都
【血液型】A型
【身長/体重】178cm/57kg
【特技】野球・水泳
【趣味】ギター
【最終学歴】慶應義塾大学 総合政策学部卒(2018年卒)
【活動期間】2008年~
【尊敬する先輩】櫻井翔(嵐)
【所属事務所】ジャニーズ事務所
【所属グループ】SexyZone

面倒見の良いお兄ちゃんキャラとして知られ、後輩からもかなり慕われている菊池風磨くん。特にKing&Prince岸優太くんとはドラマ「仮面ティーチャー」で共演した以来とても仲が良く、Love-Tune安井謙太郎くんと3人でロサンゼルスに旅行に行くなどといった交流があります。

また、菊池くんと仲が良いジャニーズJr.数名で「風磨会」を結成しており、遊びに出かけることも。メンバーは主にSixTONES田中樹くん・高地優吾くん・松村北斗くん、Love-Tune安井謙太郎くん・諸星翔希くんなどと個性的なメンバーで、風磨会は基本的に誰でも参加OKというのが菊池くんらしいですね。

ちなみに風磨会の由来はこのメンバーでの集まりの時に「この集まりは俺の生きがいだー!」と叫んだことが由来となり、風磨会という名前になったそうです(笑)。

まとめ

菊池風磨くんのソロ曲を一覧形式で紹介しましたがいかがでしたか? 初のソロ曲「rouge」以外はすべて自分で作詞をし、時には作曲も担当するなど、音楽面でも高い才能の持ち主であることがわかります。

ここではソロ曲を紹介しましたが、菊池くんはSexyZoneの14枚目シングル「ぎゅっと」の作詞も担当しており、その作詞能力の高さはメンバーからも評価されているのでしょう。

SexyZoneはシングルやアルバムが出る度に新たなソロ曲やユニット曲が作られるので、菊池くん作の次の新曲が楽しみですね!

菊池風磨くんの記事はこちらもよく読まれています!

⇒⇒菊池風磨の兄弟エピソードがかわいい!!兄弟の年齢や名前は?



-SexyZone

Copyright© なんでもないひ、どっとこむ , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。