ジャニーズ・皇室・話題のニュース・・・あなたにとってはなんでもないことでも、私にとっては大ニュース!

なんでもないひ、どっとこむ

美容

SK-IIのCCクリームは売り切れ中?肌荒れへの効果や色は?

注目のSK-IIのCCクリーム。美容雑誌VoCEのベストコスメランキングCCクリーム部門で1位に選ばれた位です。SK-IIのCCクリームの注目の所以は、肌荒れへの効果や肌なじみの良い色と言われています。今回は、SK-IIのCCクリームが本当に肌荒れに効果があるかやどんな色があるかをご紹介します。

スポンサーリンク

SK-IIのCCクリームが人気で売り切れ中!?

そもそも、SK-IIの商品自体がかなりの人気で、どの商品も在庫が少ないようです。その理由の一つとしては、中国人や海外旅行客による「爆買い」。

やはり、日本の化粧品にも注目をして下さり、日本製となると手に入れたい気持ちが多いのが外国人ですよね。

特に中国人の方は、日本製は良いという気持ちを強く持って下さるため、デパートのコスメ売り場もドラッグストアのコスメ売り場も結構な量の商品を買っていかれる姿をお見かけします。

美容部員さんによると、現在、SK-IIの原料であるピテラの生産が追いついておらず、安定した入荷が未定のような状態が続いているようです。

ベーシックケア商品は、在庫数も少しは確保出来ているようですが、ファンデーションやCCクリームなどの商品は、品薄状態が続いているとのことです。

今回ご紹介するSK-II のCCクリームは、デパートやイオン,ドラッグストアなどの店舗に行ってもほぼ「品切れ中」や「在庫なし」、「入荷未定」の文字がずらりと並んでいる程の状態。

ネット通販公式サイトも在庫がない状態が続いているみたいです。

販売員さんに聞いても入荷の目処が立っていないらしく、「9月には入荷しているかと思われます。」との回答をいただきました。それほど、一体何が多くの人の心を魅了しているのか、気になりますよね。

一体、SK-IIのCCクリームってどんな商品なのでしょうか。

SK-IIのCCクリームってどんな商品?

SK-IIのCCクリームは、実は、スキンケアに分類されています。この言葉でお分かりいただけたかも知れませんが、つまりは、メイクという概念ではなく、肌ケアを考えて作られた商品なのです。

特徴としては、美容液成分の配合量が多く、肌表面の潤い感、ツヤ感が出やすいことがあげられます。そして、SK-IIでおなじみの美容成分ピテラもしっかり配合されているのです。

このピテラという化粧成分はSK-II独自の化粧成分で、特別な酵母の発酵過程で生み出されたもので、肌の中に本来存在する天然保湿因子(NMF)のいくつかを含みます。

また、ビタミン類やミネラル類、アミノ酸類など50種類以上の有用成分を含んでおり、肌本来の働きを整える働きをしてくれるものだとされています。

SK-IIが1970年代からもの長い間、肌にとって必要な唯一無二の成分を追い求め、研究開発を続けた結果、誕生したのがこのピテラという美容成分だそうです。 これだけの長い年月を経てこだわり続けて生み出された成分なら、効果もかなり期待できそうです。

SK-IIのCCクリームはこのピテラが配合されているので、気になるくすみや毛穴の開き、かさついた肌をカバーして、しっかり潤い、ツヤ感や透明感を出してくれるのです。

それだけではなく、SPF50/PA++++なので、紫外線や赤外線からもガードしてくれる効果も発揮。その効果は、美白対策や紫外線による肌の老化を抑えたい美意識の高い方々からの注目も高くなる位のようです。

 

売り切れはなくなり、現在は在庫あり!

先程述べたようにかなりの人気注目度UPのSK-IIのCCクリーム。売り切れが続出だったのですが、今は少しずつ在庫の状態も落ち着きを取り始めたとの噂を聞きました。

現在は、ちらほらと在庫がある所も増えてきたようです。では、一体どんな所なら手にはいるのでしょうか。私なりに、調べてみました。

Wowmaやコスメデネットなどの有名総合ショッピングサイトには現在在庫があります。但し、こちらは並行輸入品で、スペックがSPF50/PA+++のものです。

他には、Amazonやヤフオク、メルカリにもありました。しかし、こちらも若干難点がございました。スペックの指定が出来ないのでPA+++の数が違う事もあります。

また、今はネット上に類似品や偽の商品が出回っているので、その辺りは注意が必要です。

新品と書いてあってもヤフオクやメルカリでは、使用品が送られてくるケースもなくはないという事を念頭に置いておいた方が良いくらいです。各店舗は、在庫数にばらつきがございますが、しっかりした正規品が買えるので、一度問い合わせをしてご購入の流れの方が安全な気がします。

スポンサーリンク

SK-IIのCCクリームは肌荒れに効果あり?

SK-IIのCCクリームは、肌に潤いを与えて、紫外線などの環境ストレスからも肌を守ってくれる万能CCクリームです。

1プッシュ顔にのばしていくだけで、ファンデーションいらずのナチュラルメイクが完成。忙しい方にはかなり嬉しい朗報ですよね。

このCCクリームの効果は、大きく分けて次のような7つです。

  1. 内側から輝くつや感を出してくれる
  2. シミ・くすみの防止に効果的
  3. キメの整った肌へと導く
  4. ほんの一塗りで完成するので時短にも効果的
  5. 塗りむらが無い
  6. 日本人の肌になじみやすい
  7. 8時間程度なら塗り直しも不要。

紫外線などのダメージによるシミの形成を防いでくれて、出来てしまったシミをカバーしてなめらかな肌へと導いてくれるところは、かなりの高得点なポイントだと思います。

女性が気になる紫外線防止効果もSPF50/PA+++なので、理論上、一塗りで約16.7時間の効果が期待できます。夏のレジャーやマリンスポーツにも耐えうる数値だと言えます。十分な日焼け止め対策になると思います。

ここでSPFとPAって何と思われた方もいると思いますので、ざっと説明させていただきます。

よく日焼け止めや紫外線防止用化粧品で見かけるこのSPFは、UBA防止効果があり、PAはUVA防止効果を示しています。

SK-IIのCCクリームは、どちらも含まれているのでどちらにも対策出来る日焼け止め効果もあるものになります。

普通は、SPF数値が高い日焼け止めは、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤という物が含まれている事が多く、肌にも悪影響をもたらす可能性のあるものです。これらが多く含まれやすいプチプラの日焼け止めは注意が必要です。

同じ使うのであれば、やはり色んな美容効果をもたらし、肌荒れからも縁遠い方が良いですよね。

では、肌あれ効果にも良いと言われているCCクリームの成分には何が含まれているのでしょうか。

あまりにも成分が多いので今回は、肌荒れにも効果がありそうな濃縮SK-IIピテラまたの名をガラクトミセス培養液の事についてお伝えしていきます。

これは、ピテラと同じで、無色透明な液体で、その中にビタミン・アミノ酸・ミネラル・有機酸が含まれています。そして、水分保持が出来るので、バリア機能も高くなるでしょう。

ガラクトミセス培養液は、ガラクトミセスという菌を、牛乳を培養液として培養させ、濾過した物です。この発酵する過程で、牛乳はタンパク質や糖分をアミノ酸,単糖類、アルコール類に分解されていきます。これが、どんどん濾過されていき、ピテラが出来上がるそうです。

保湿をし、外的刺激からも守ってくれるこの成分、肌荒れにも効果が期待できそうです。その他にも、ウメ果実エキスが含まれており、ウメから抽出したエキスで保湿作用に働きかけ、肌のくすみを抑える働きもあるのだそうです。

また、ナイアシンアミドという成分は保湿成分で、ビタミンB3群の一つであるこの成分は、肌のバリアに関わる角層を整え、明るく輝くようなハリのある肌へと導いてくれる効果もあります。

かなり美容成分にもこだわっており、ニキビや肌のくすみ、シミ等の肌荒れにも十分効果があるようです。

SK-IIのCCクリームはどんな色?

色は、ベージュ色で、日本人の肌に肌なじみの良い色です。少し、白っぽくなると言う方もいらっしゃいますので、適宜、ご自身の肌色に合わせてパウダーなどを使い調節するとより良い肌なじみ色になると思います。

ナチュラルな仕上がりになるので、ツヤツヤお肌を求める方は、パウダー無しで、少し落ち着きが欲しい方は、パウダーを使用すると良いみたいです。

もともとCCクリームは、肌の色に調節してくれるものではあるので、本当に肌なじみが良い色合いになってくれるという事の声が多い印象です。

SK-II CCクリーム愛用者の声

ここで実際にSK-IIのCCクリームを愛用している人の口コミをご紹介します♪

まとめ

数々の著名人が愛用しているSK-II。今、話題沸騰中なのがSK-IIのCCクリームです。

SK-IIの独自化粧成分である希少価値の高いピテラが存分に含まれているため、お値段も高いのですが、その値段に値するほど十分な効果があることが分かりました。

今回は、SK-IIのCCクリームの売り切れ続出について、現在何処で買えるのかについて、CCクリームの効能や色合いについてもお伝えしました。

肌荒れにも効く成分が十分に入っており、肌なじみの良いベージュ色なので、どんな方でも愛用しやすいと思います。シミやくすみなどもカバーし明るい肌へと導いてくれ、夏に気になる紫外線防止機能もしっかり備わっていることもお分かりいただけたと思います。

売り切れ続出だったこのCCクリームも現在は、ネットを中心に在庫が出てきているようなので、気になる方はチェックしてみて下さい。

また、先にも述べたようにネットでは、非正規品が出回っているので十分に注意が必要です。見分ける一つの指標としては、生産が日本かどうかという事です。その他にも見分け方があるようなので、しっかり調べた上で購入しましょう。

-美容

Copyright© なんでもないひ、どっとこむ , 2019 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。