テレビの裏かぶりはなぜNG?他局に同時出演することで起こるデメリットは?

TV

テレビの裏かぶりはなぜNG?他局に同時出演することで起こるデメリットは?

サッカー日本代表の試合の実況の松木さんが裏番組に出演していて話題になっていますが、そもそもなぜテレビの裏被りはNGなのでしょうか?

他局に同時出演することでどんなデメリットがあるのでしょうか?テレビ業界には暗黙のルールがあるのかな?

今回はテレビの裏かぶりはなぜNGなのか、他局に同時出演することで起こるデメリットやテレビ業界の暗黙のルールについてまとめていきます。

スポンサーリンク

テレビの裏被りとは?

そもそもテレビの裏被りとは何なのでしょうか?

裏被り(うらかぶり)とは

同じ時間帯に局をまたいで重複した出演をタブーとすること

を言います。

テレビ業界では裏被りNGは暗黙のルールとして存在しており、万が一裏被りしそうな時は

  • 出演時間をずらす
  • CMのあいだだけ出演する

と言った調整が行われています。

暗黙のルール・テレビの裏被りはなぜNG?

テレビ業界では暗黙のルールとなっている、裏被り。

実際わたしのような一般人でも裏被りのルールを知っていて、裏被りを心配する声もTwitter上などでよく見かけます。

わたしのような一般人に心配されてもどうしようもないのでしょうが・・それでもやっぱり芸能人の方が裏被りしてると気になります(笑)

そもそもなぜ、裏被りはNGなのでしょうか?

同じ時間帯に二つの番組に出るのは現実的に無理だから?とか思ってたんですが(絶対違う)、そうじゃないみたいです(やっぱり)。

裏かぶりは絶対NGというわけではなく、スポンサーに対する配慮なんだそうです。

芸能人のテレビの出演料というのは、スポンサー企業が出す広告費から支払われています。

同じ時間帯に違う番組に出演した場合、もう片方の番組の視聴率にも貢献したことになってしまうんですよね。

確かに広告費を払っている企業としてはおもしろくない。

だから基本的には裏被りしない方がいい、というわけです。

裏被りしていると芸能人を見ようとして、チャンネルをちょこちょこ変えると視聴率の測定にも影響が出ますしね。

【裏被りはなぜNGなのか】

視聴者の多くは、特定の芸能人目当てに番組を見ており、裏かぶりを許してしまうと、視聴者に対するテレビCMの宣伝効果や、視聴率測定に大きな影響を及ぼす恐れがあるため

他局に同時出演するとデメリットはあるの?

それでもやはり、他局に同時出演するカタチになってしまうこともあります。

ではもし裏被りしてしまった場合、デメリットはあるのでしょうか?

一番に考えられるデメリットとしては、その後の番組出演がなくなる、ということです。

また、裏被りした場合、該当の出演者にどちらかの番組でモザイクをかけられたこともありました。

ちなみに今回松木さんを例に挙げると

同時間帯にバラエティ番組とサッカーの試合の生中継に出演していました。

なので、今後そのバラエティー番組に呼ばれなくなる可能性もあるようです。

ただ、今回のケースはサッカーの試合の方は実況解説で声のみの出演だったため、そこまで厳しくないのでは?という意見もあるようです。

声優は裏被りしてることが結構ある

ナレーションなどをつとめる声優さんにいたっては、裏かぶりしていることが結構あるようです。

暗黙のルールは他にもある?

裏かぶりしない、という暗黙のルールは、一般人でも結構知られているものですが、そのほかにもテレビ業界には暗黙のルールがあるのでしょうか?

調べてみると、下記のようなものがありました。

サスペンスドラマなどの犯人の苗字は、スポンサー企業の役員と同じ苗字にしない
薬品メーカーがスポンサー企業の場合、薬物を使った犯罪は取り上げない
アイドルは恋愛禁止

アイドルは恋愛禁止、はちょっともう情報が古い気がしますが・・。

サスペンスドラマの犯人名は、役員の名前を考慮されて決められているっていうの初めて知ったので、今度サスペンスドラマを見るときはスポンサー企業の役員名も調べてみようかな、と思いました(笑´∀`)

まとめ

今回はテレビ業界の暗黙のルールである裏かぶりはなぜNGなのか、また、他局に同時出演することで起こるデメリットについて調べてきました。

テレビの裏被りは厳密にいうとNG、というわけではなく、スポンサー企業への配慮で、裏被りしない方がいいと言われています。

他局に同時出演することで起こるデメリットについては、その後同じ番組に出演出来なくなったり、放送中にモザイクをかけられてしまうというものがありました。

裏被りしない、というのは芸能人のスポンサー企業へ対する恩義みたいなものもあるのかなぁと個人的には思いました。

 

 

-TV

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。