あなたにとってはなんでもないニュースでも、私にとっては大ニュースだったりする。エンタメ中心に更新中

なんでもないひ、どっとこむ

スポンサーリンク

TV

ながらくびれメソッドとは?やり方や効果を簡単に解説!

投稿日:

通称くびれ母ちゃんと呼ばれる姿勢改善コアトレーナーの村田友美子氏が考案した「ながらくびれメソッド」。一体どんなやり方で、どんな効果があるのかとっても気になりますよね。

今回はこの「ながらくびれメソッド」のやり方や効果を簡単に説明します!

スポンサーリンク

ながらくびれメソッドとは

「ながらくびれメソッド」とは、その名の通り、掃除や洗い物、洗濯物など、何かをし”ながら”、理想の体型に近づけ、くびれを作るという主婦にはうれしいメソッドです。

「ながらくびれメソッド」を考案したのは、姿勢改善コアトレーナーの村田友美子先生。

村田友美子先生は41歳で3人の子を持つお母さんなんですが、写真の通り、子持ちとは思えない美しいくびれの持ち主!

この身体の秘密が「ながらくびれメソッド」なんですが、実はこの素晴らしいくびれは、3人の子供を出産したあとに手に入れたんだとか!

同じく3人の子持ちである私からしたら信じられない話です・・・年々蓄えられていく腹回りの脂肪・・・どうにかしたい・・・!と思いつつ、何をしたらいいかわからず時だけが過ぎていく・・・という方は私だけではないはず!

というわけで、この「ながらくびれメソッド」について詳しく解説していきますね!

ながらくびれメソッドのやり方

村田友美子先生はyumicoreメソッドという独自のやり方で美しいくびれを作りだしているんですが、その村田友美子先生独自のやり方では、「コアハウス」と呼ばれる骨盤底筋などの4つのインナーマッスルに注目しています。

この4つのインナーマッスルに働きかけることで、姿勢が矯正され、自然とウエストにくびれが現れるんだとか。

スマホやパソコンの普及で、姿勢がどんどん悪くなっている現代人。猫背を気にしている人も多いはず。(私も猫背です)

実は痩せる近道は身体を徹底的にほぐすことと、姿勢を正すことから始まるんだそうです。

なのでここでは、身体のほぐしかたもお伝えしていきますね!

※ながらくびれメソッドのやり方については、梅ズバ!の放送後に追記します。

村田友美子先生の著書でもやり方が紹介されています!▼

 

まずは姿勢のくせを直す身体ほぐしのやり方。

  1. まっすぐ立ち、水を入れたペットボトルを股の付け根のあたりで挟む
  2. 股間を締めて引き上げるイメージを持って、インナーマッスルを意識する
  3. 足の付け根の骨盤あたりにぐっと力が入っていることを確認

たったこれだけなんですが、実際にやってみるとかなり効きます。

個人的にはこれってヨガの基本的な立ち方にも似てると思うんですが、ヨガも取り入れてるのかしら?

ヨガでも太ももあたりにボックスを挟んで、まっすぐ立てているか確認します。これと似てますよね。インナーマッスルを確認するのに何かを太ももに挟むのはいいということですね。

普段の生活の中でずっとペットボトルを挟んでいるのは難しいですが、例えば家の中で洗い物をしながらとか、洗濯物を干しながらなら実践出来ると思います。

外出時にペットボトルを挟むのは難しいですが、電車で立っているときなんかはペットボトルを挟んでいるイメージでインナーマッスルを意識しながら乗るだけでも効果があると思います。

続いて、内巻きになりがちな肩周辺をほぐすやり方。

  1. 左手の親指で、右肩に近い鎖骨の下をぐっと上に押し上げる
  2. 前傾姿勢になって、そのまま肩を引くように右腕を後ろに引く
  3. 右腕を後ろに引きながら右肩をぐるぐると円を描くように回す
  4. 反対側も同じやり方でほぐす

いつも姿勢が悪い人はこのほぐしをやると痛みがあるそうですが、普段縮こまっている筋肉をほぐしていくと姿勢が良くなって、代謝もあがるんだそうです。

ながら脇腹くびれストレッチ

テレビを見ながら出来るストレッチ方法もありましたので、紹介しますね^^

  1. 骨盤と床が垂直になるように、あぐらをかく
  2. 右のお尻を床につけたまま(離れないように)、左手を床につける
  3. 右手を伸ばしながら上にスライドさせて、右脇腹の肋骨を骨盤のあいだを伸ばす
  4. 3の状態のまま深呼吸を5回する。反対側も同じようにする。

脇腹を伸ばす状態にするんですが、きついのでお尻を浮かせがちです。お尻を浮かせないように意識してくださいね^^

スポンサーリンク

ながらくびれメソッドの効果は?

以前からテレビでも話題になっていた村田友美子先生のくびれメソッドですが、実際のところ効果はあるのか気になりますよね!

特に、「〇〇しながら」で本当にウエストにくびれができるのか疑ってしまいます。

「〇〇しながら」で実際に効果があるんならわたしもやるわ!と思う方も多いと思いますが、今回、梅ズバ!であぶちゃんこと虻川美穂子さんがこの「ながらくびれメソッド」に挑戦したそうです!

あぶちゃんはこの「ながらくびれメソッド」の効果で、なんと1週間でマイナス14cmウエストが減ったそうですよ!

もともとのウエストがどれだけあったのかも気になりますが、1週間でマイナス14cmって驚異的ですよね!

どんなやり方であぶちゃんが結果を出したのかは、放送終了後に追記しますね!

「ながらくびれメソッド」考案者の村田友美子プロフィール

【名前】村田友美子(むらた ゆみこ)
【生年月日】1977年 ※月日不明 現在41歳
【出生地】 神奈川県横浜市
【身長/体重】163cm/??kg
【スリーサイズ】B86/W59/H88

ながらくびれメソッドの考案者である村田友美子先生は、雑誌Veryの元読者モデルもされていました。コアトレーニングの第一人者であり、その世界ではカリスマ的存在です。

村田先生は35歳までは普通の主婦で、本格的な運動はしたことがなかったんだとか。

出産後の体型が気になっていて、体幹トレーナーだったママ友のレッスンを受けた時にコアトレーニングに出会いました。その後3ヶ月でくびれを作ったそうです。

3ヶ月って相当すごいですよね!

そして、「自分もトレーナーに!」という思いから、自宅レッスンを始め、最終的にはコアトレーニング専用のジムを開くまでになったのです。

先述した通り、村田友美子先生は著書も出していますが、先生に直接教わりたい!という方も多く、東京の麻布スタジオで行われているレッスンを受講する人も多いようです。

ただ、人気がありすぎて、キャンセル待ちの場合も多いみたいです・・・。

まとめ

というわけで、村田友美子先生考案の「ながらくびれメソッド」のやり方や効果についてまとめてみました。

やり方については梅ズバ!放送終了後にまとめますが、実際の効果はあぶちゃんが挑戦して、1週間でウエストマイナス14cmという結果を出しているので、やってみる価値はありそうです!

というか、何かをしながらウエストにくびれが出来るなら、ぜひやってみたいですよね!

この「ながらくびれメソッド」をやりつつ、先週梅ズバ!で特集されたもち麦ダイエットを一緒にやったらかなりすごい効果があるんじゃないか・・・と個人的に思います!

年齢が上がるにしたがって、体重や脂肪が落ちにくくなっていくので、紹介されたダイエット方法を上手に使って、健康的に暮らしていきたいですね♪

もち麦ダイエットについてはこちらの記事がおすすめです♪

→→もち麦ご飯は夜はダメ!?その理由と効果的な食べ方まとめ

-TV

Copyright© なんでもないひ、どっとこむ , 2019 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。